なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

芸能

岡田有希子、あの4月8日から30年

投稿日:

アイドル岡田有希子の死から30年目

1986年4月8日。

その日、高校3年となった自分は始業式だった。

記憶が定かではないが、ヤングジャンプかヤングマガジンに掲載されていた花のイマージュの広告記事を切り出し、部室のロッカーへ貼り付けた。

いいじゃん、この岡田有希子の写真。

なんて起こっている事態などまったく知らずに。

そしてことは急展開。

クラブの練習をしていたところ、野球部の1学年下のO君が、「岡田有希子、自殺したってテレビでやってました!」

驚愕である。

14時か15時代のテレビのワイドショーで、本当であったことを知った。

自分自身、とても好きなアイドルだっただけに、いまだ心に引っかかるものがあるのが事実である。

正直に言えば、いまだ直視できない事実の一つでもある。

そうは言うものの、岡田有希子が天に召されてから30年の節目にあたり、その場所へ向かい、自分なりの供養に向かいました。

それについて少しお話申し上げます。

大勢のファンが供養のために集合

岡田有希子が天に召されたとされる12時20分ににその場所に到着した。

岡田有希子を偲んで

岡田有希子が所属していたサンミュージックのスタッフが、現場を仕切るほどに、多くのファン、テレビカメラも来ていた。

そこには彼女写真、ファンが手向けた花が置かれていた。

岡田有希子を偲んで

毎年、来られている方も多くいるようで、岡田有希子が与えた影響を強く感じ入った。

岡田有希子を偲んで

岡田有希子の死を巡っては、多くの憶測が飛び交い、ある部分ではご家族におかれては、心労が多かったことと推測されます。

今ほど個人情報に関して厳しい決まりもなかった上に、報知の記者が飛び降りした彼女の写真を撮影するというショッキングなこともありました。

そんなことが走馬燈のように思い出された現場でした。

岡田有希子は永遠である

岡田有希子が、この世に存在しないという事実は揺るぎのないところです。

しかしながら、自分をはじめファンが、岡田有希子を思い続ける限り、彼女は永遠に生き続けると思いたい。

これは数学者であり作家である藤原定彦が述べていたことなのですが、父である新田次郎を語り続ける限り、父は生き続けると。

五木寛之との対談で語っていたのですが、それを聞いて得心した次第です。

思えば、岡田有希子だけでなく、友にも夭逝された者もいます。

会って話すことは叶いませんが、自分が思い続ける限り、生き続けます。

そう思っております。

本当に愛くるしい笑顔が素敵だった岡田有希子。

何かあれば彼女を思い出し、岡田有希子という、KK世代(1967年生まれ)最強のアイドルだったことを思い、彼女のご冥福を改めてお祈りします。

岡田有希子、ありがとう!

永遠のアイドル岡田有希子!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

fantasy-01

スポンサーリンク



fantasy-01

スポンサーリンク



-芸能
-

関連記事

スザンヌ・斉藤和巳離婚

スザンヌ・斉藤和巳離婚理由は遠距離という事情・・・

スザンヌと斉藤和巳の離婚原因は遠距離婚とのこと タレントのスザンヌと元SoftBankのスーパーエースで野球解説者の斉藤和巳の離婚が、2月17日に発表されました。 お互いにアメーバブログで発表というあ …

津田寬治初主演食の軍師

羽田美智子と名コンビ津田寬治が初主演した食の軍師とは?

羽田美智子とのコンビが絶妙津田寬治が初主演を獲得! テレビ朝日系列で4月22日から、警視庁捜査一課9係season10がスタートします。 シリーズもので、10年続くというのも凄いですね。 テレビ朝日と …

水戸黄門スペシャル

水戸黄門スペシャルは6月29日夜9時から

水戸黄門が帰ってくる6月29日放送 水戸黄門スペシャル放送が来たる6月29日21時より放送となります。 通常放送は、月曜日の夜8時でしたが、今回は月曜ゴールデン特別企画ということで、夜9時から2時間の …

西内まりや おしゃれイズム出演

かぶき者慶次で時代劇初出演西内まりやがおしゃれイズムにゲスト出演

時代劇ファンの楽しみとなっている NHK木曜時代劇かぶき者慶次 かぶき者として、かの太閤秀吉にも一目置かれたという前田慶次の米沢での晩年を語るこの時代劇。 石田三成の遺児を実の息子として養育していると …

平成26年ドラマ視聴率ベスト20

2014年ドラマ平均視聴率ベスト20

2014年(平成26年)ドラマ平均視聴率 人気の番組はどの番組? 視聴率。 テレビ関係者なら胃が痛くなる言葉かもしれません。 また、一般の視聴者にとっては、観賞する指標の一つかもしれません。 やはり人 …