なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

サッカー スポーツ 日本代表

本田圭佑、ミラン退団?飼い殺し?移籍?理由は?

投稿日:

本田圭佑、ミラン退団報道にミハイロビッチ監督は

サッカー日本代表の本田圭佑の周辺が不穏な雰囲気となっている。

ことの起こりは、本田圭佑の10月5日のホームでのナポリ戦に0-4と大敗したあとに、チーム批判とも取れる発言を放ったことにある。

ここが起点となり、本田圭佑が移籍希望を出したであるとか、飼い殺しという報道まで起こる事態となった。

本田、ミラン退団へ…来夏の移籍で合意か 最長10カ月“飼い殺し”も:SANSPO.COM

このなかでアタランタ戦の前日会見で、ミハイロビッチ監督が本田圭佑について言及。

「満足できなければ(チームを)出ていくといい。本田にもプレーするチャンスは与えられた」
sanspo.comより

そしてフロントは、今冬の移籍希望を却下したともありました。

なぜ、ここまでこじれたのか?

本田圭佑の発言の問題点は何が問題だったのか?

考察します。

マスコミを利用するという日本特有の伝達方法がアダに

日本では、プロ野球を始め、自分の意思、意見をマスコミというフィルターを通して、監督が選手へ、選手が監督、フロントへ伝えるということがあります。

ところが、欧州にはそういった風習はないですし、日本でもあってはならない経営陣への批判。指導者への批判までしたのですから、干されてもやむを得ないところに、自分を追い込んでしまいました。

Number Webにて、弓削高志も論じているが、契約社会におけるタブーを犯す発言であったと。

本田圭佑の経営批判はなぜ問題か。契約社会における“絶対的タブー”。:Number Web

契約下にある選手が、監督、経営者の立場を称することがは、相手の立場を冒涜しているということなのだ。

イタリアでも正論だが、言うべきではない。

というのが、ファン、サポーターからも見られているようだ。

監督と選手が衝突することは、ミランでも過去にはあった。

ミランの絶頂期の絶対エースであったマルコ・ファンバステンは、監督であったアリゴ・サッキの戦術に反発。

結局、アリゴ・サッキをイタリア代表監督へ栄転させ、ファビオ・カッペロを新監督として迎えることで、事を納めたという事例もある。

しかしである。

このとき絶対的存在であったマルコ・ファンバステンですら、おおやけにサッキ監督を批判することはなかった。

なぜか?

それが助っ人である自分自身の立場を危うくすることをマルコ・ファンバステンが理解していたからに他ならない。

絶対エースであり、バロンドールを3度受賞したマルコ・ファンバステンですら、そういった大人の対応をしたところを、本田圭佑が禁を犯したことが、チーム内で浮いた状態を作ってしまったと言えるだろう。

そして、本田圭佑のあたかも自分が世界で一番という態度も、火に油を注いだ。

まるで、リオネル・メッシやクリスチャン・ロナウドのような存在であるような振る舞いを、ミランのレジェンドであるパウロ・マルディーニやズボニミール・ボバンは、何度も苦言を呈している。

そういった経緯から、サンスポが予想する来夏までの飼い殺し含め、出番の減少はあり得ることでしょう。

まとめ

日本代表では絶対的存在であり、アジアでは抜きに出た存在である本田圭佑。

と言うものの、前回のブラジルワールドカップでも、日本代表の限界、本田圭佑の限界は見えていたはず。

ところが、今回もミランでの発言は、自分の立ち位置が見えてない証左とも言える。

本田圭佑自身、オーストリアの3部クラブSVホルンを買収し、経営者という一面があるのも事実。

しかし、ミランでは一選手である。

ここまでこじれればミランでの活躍は非常に難しいでしょう。

そうなると移籍する他ありません。

ただし、契約する先のクラブも、チーム批判をする選手を簡単に契約はしてくれないでしょう。

また、一言多い選手、チームの和を乱す選手と見なされたことは、今後のサッカー人生に影を落とす可能性大です。

人間、悔い改めることはできるはず。

欧州の契約社会で生き残るには、

郷に入れば郷に従え

の諺通り生き抜くことが、本田圭佑が生き残る道でしょう。

こういった不穏な発言が、日本人選手全体のイメージダウンにならないことを祈る他ありません。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

fantasy-01

スポンサーリンク



fantasy-01

スポンサーリンク



-サッカー, スポーツ, 日本代表

関連記事

ドラフト会議パ・リーグ結果

ドラフト会議パ・リーグ選択結果

ドラフト会議パ・リーグ選択結果 10月22日に実施されたプロ野球ドラフト会議。 パ・リーグでは、ロッテが、野村克也をして60年間プロ野球に関わってこれだけの逸材はいないと太鼓判を押した仙台育英の平沢大 …

岡本和真、秋季キャンプイン

岡本和真 大田泰示の今、巨人のクリーンアップを打てるのか?

巨人期待のドライチ岡本和真、大田泰示は大成するのか?! プロ野球界から右のスラッガーが減少し続けています。 山本浩二、衣笠祥雄のカープ黄金期を支えた僚友をはじめ、大杉勝男、松原明夫、長池徳治、原辰徳、 …

DAIGOのG1予想結果

DAIGOが挑んだ天皇賞(秋)予想結果は?

DAIGOが挑んだ天皇賞(秋)予想結果は? スポーツ報知紙上で展開されているDAIGOの秋のG1予想。今回は天皇賞(秋)の予想でした。 さっそく結果を見ていきましょう。 DAIGOの天皇賞(秋)予想と …

室伏広治 日本選手権欠場

室伏広治が日本選手権欠場を発表 20連覇で途絶える

室伏広治が日本選手権欠場、20連覇で終止符 男子ハンマー投げ日本記録保持者であり、五輪金メダルストである室伏広治が、日本選手権を欠場することが明らかとなった。 6月15日日本陸上競技連盟は、26日から …

ACミラン本田圭佑のチーム批判が問題な訳

本田圭佑 ACミランでの今、これからどうなる?

ミラン本田圭佑 6ゴール後、不発が続くその原因とは? チャンピオンズリーグ優勝7回(チャンピオンズカップも含む) セリエA優勝18回の名門ACミランが不調にあえいでいる。 34節終了時点で11位。 優 …