なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

プロ野球

平沢大河2軍へ:浦和球場で鍛え直せ!

投稿日:

平沢大河、伊東監督より甘さを指摘される

平沢大河。

その素質は誰もが疑うところのない素晴らしい選手。

しかし、チームがダントツの最下位。

平沢自身も71打数15安打 打率.211 出塁率.243では、ファーム落ちも仕方のないところ。

伊東勤監督からは、

「若いので失敗してもいいので“若さを出してこい”と言っていたが、まだまだ精神面で子ども。プロの選手として厳しいと思いました」
東スポウェブより

厳しいコメントも。

そんな平沢大河は、今後どうすべきでしょうか。

浦和球場の内外で鍛え直せば超一流になる素材

平沢大河に対して、伊東勤監督から厳しい言葉が投げかけられました。

これは期待の裏返し。

伊東勤監督自身も、熊本工業から所沢高校(定時制)へ編入。西武球団職員を経て、ドライチで西武に入団。

1年目から1軍の試合に抜擢。

広岡達朗監督、森ヘッドコーチに鍛え上げられ、西武の黄金期を作り上げた1人であり、野球殿堂入りまで果たした歴史上にその名を残す名捕手です。

広岡ー森の厳しい指導から、結果を残した経験からでしょう、平沢大河に対しても厳しい指導が散見されます。

前述の通り、期待しているからこそ厳しい態度、言葉になるのでしょう。

その厳しさを、平沢大河がどう捉えるかによって、今後の結果は大きく変わるはずです。

多くのスーパースターが、厳しい指導の下、大成していったように、平沢大河も、その厳しさを乗り越え、スーパースターへの道を歩んでもらいたいものです。

あのイチローでさえ、1,2年目はファームでした。

土井正三監督に見る目がなかったという意見もありますが、ファームで2年間鍛えたからこそ今があるという見方もできます。

また、同じくメジャーで活躍する青木宣親にしても、早稲田大学卒業後、ヤクルト1年目はファームで鍛えられた結果として、2,000本近くまでヒットを打つことができているとも言えます。

ですから、ここからが本当の戦いです。

失敗したと思えることも、後になれば、それが糧となり、成功への礎になるはずです。

いまは心理的にも、悩み苦しんでいるはずです。

大いに苦しみつつも、前を向いて、明るい未来があるのですから、そこに向かって挑戦し続けるべきです。

まとめ

平沢大河にとって、ここが分水嶺になるやもしれません。

成功者への道

をばく進してもらいたい。

そこで野村克也も提唱し、右のスラッガーの王者とも言うべき落合博満も提唱する

素振り

松井秀喜にしても、長嶋茂雄とのマンツーマンの素振りで大成したと言っても過言ではありません。

素振りも深く掘り下げれば、イメージ力の向上、コースによる振り分けなど、多くの要素が詰まっています。

素振りでキレを作り、強い心身を作り上げ、千葉ロッテマリーンズの主力となることを期待して止みません。

平沢大河よ、明けない夜はない!

ファイト!

fantasy-01

スポンサーリンク



fantasy-01

スポンサーリンク



-プロ野球

執筆者:

関連記事

巨人岡本和真4番計画

岡本和真は巨人の救世主になれるか!?

岡本和真:ファームで奮闘中 岡本和真。 巨人の将来の四番打者として期待される逸材。 巨人の調子が悪いだけに、あれ?岡本和真は? という方も多いはず。 そこで今回は、岡本和真の近況をリポートします。 岡 …

男気黒田博樹ヤクルト戦神宮球場で先発か!

黒田博樹が5/1ヤクルト戦神宮球場で先発か!その黒田の投球の凄さとは?

黒田博樹 神宮球場ヤクルト戦に先発 メジャーの名門球団LAドジャース、そしてNYヤンキースで主戦級投手として活躍してきた黒田博樹。 今シーズンから古巣広島東洋カープに復帰。 ここまでメジャーでもまれた …

成田翔ドラフト会議で指名なるか

成田翔(秋田商業)のドラフト指名はあるのか!

成田翔(秋田商業)ドラフト指名なるか プロ野球ドラフト会議が木曜日10月22日に迫ってきました。 プロ志望届を提出した高校生、大学生、そして指名を待つ社会人、独立リーグの選手は、希望と不安がよぎる毎日 …

今永昇太

今永昇太はDeNAのエースとなれるか!?

今永昇太、4戦未勝利も未来は明るい DeNAのドラフト1位今永昇太。 駒澤大学で2年春からエース。3年秋には東都一部、神宮野球大会優勝。東都通算18勝という実績をもってドラフト後、ラミレス監督から先発 …

岡本和真が結婚

岡本和真、結婚でレギュラー獲得なるか

岡本和真はレギュラーになれるのか? 大型補強が続く巨人。 30億円が巨額かどうかは意見が分けるところもありますが、現状の日本プロ野球界で、巨額補強ができるとすれば、巨人とソフトバンク。 今オフ、ソフト …