なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

NHK

草笛光子が土曜スタジオパークゲスト出演

投稿日:

草笛光子、スタジオパークゲスト出演【真田丸】

真田丸も19.9%の視聴率スタートと上々の出足となった。

その真田丸でベテラン女優として、輝きを放つ草笛光子。

その草笛光子が、1月16日、土曜スタジオパークにゲスト出演することとなった。

矢沢三十郎頼幸訳の迫田孝也とともに真田丸特集で出演する。

じつは、この草笛光子も真田絡みの作品に出演経験がある。

その草笛光子について紹介したい。

草笛光子は真田信繁(幸村)の母役の経験も

草笛光子は1933年生まれの82歳。
現役バリバリ。凄いです、それだけでも。

1950年に松竹歌劇団に入団。
1953年に在籍のまま松竹より映画デビュー。

プライベートでは、1960年に芥川龍之介の息子であり音楽家であった芥川也寸志と結婚も2年で離婚。

森繁久弥の社長シリーズ、市川崑監督作品にも縁深く犬神家の一族筆頭にすべて出演。

テレビドラマでは、石井ふく子プロデューサーの作品にも数多く出演。

そして大河ドラマにも多数出演しています。

草笛光子の大河ドラマ出演作品
  • 元禄太平記:お伝の方
  • 花神:野村望東尼
  • 草燃える:短後局
  • 翔ぶが如く:お由羅
  • 八代将軍吉宗:天英院
  • 葵 徳川三代:高台院
  • 利家とまつ〜加賀百万石物語:大政所
  • 天地人:トメ
  • 八重の桜:ナレーション
  • 真田丸:とり
  • ナレーションを含めなんと11作目。

    さすがであります。

    そして草笛光子と真田をつなぐ作品としては、

    テレビ東京で1998年に放映された

    家康が最も恐れた男 真田幸村:寒松院

    寒松院とは、山手殿(真田太平記)今回は薫(高畑淳子演)である真田昌幸の正妻であり、真田信幸、信繁の母です。

    家康が最も恐れた男 真田幸村は、現在、真田丸と連動企画と思われますが、時代劇チャンネルにて絶賛放映中です。

    夫である真田昌幸を丹波哲郎が演じており、真田幸村は松方弘樹、真田信幸は前田吟という濃いメンバーの中でも、しっかり色を出した演技をしています。

    まとめ

    真田信繁の母役から18年後に、今度は祖母役のとり。

    人質に出されるという戦国時代の習わしの中で、強く生きる女を演じる草笛光子には、先の大戦を知る戦争の悲惨さ、哀れさ、その中でも強く生きる強さを感じ入ります。

    さて、土曜スタジオパークでは、どんなエピソードが飛び出すでしょうか?

    楽しみでなりません。

    最後までお読みいただきましてありがとうございます。

    fantasy-01

    スポンサーリンク



    fantasy-01

    スポンサーリンク



    -NHK
    -, ,

    執筆者:

    関連記事

    大河ドラマ真田丸登場人物は?

    大河ドラマ真田丸登場人物は?どうなる?【予想】

    大河ドラマ真田丸、登場人物はどうなる? 来年2016年の大河ドラマ【真田丸】 脚本は三谷幸喜は主役真田幸村は堺雅人は既報済み。 ここはNHKと三谷幸喜の知恵の絞りどころでしょうが、物語に登場人物はどう …

    真田太平記:於菊:岡田有希子

    岡田有希子、真田太平記で於菊を演じる

    岡田有希子:真田太平記で妹役を演じる 真田丸も、前半の見せ場、第一次上田合戦が真田側の勝利で終え、こののち、真田信繁は大阪へ人質として向かう段となります。 そんな中、30年前の4月8日、真田太平記に真 …

    藤竜也主演『かぶき者 慶次』

    かぶき者慶次最終回再放送は6月25日に

    かぶき者慶次最終回再放送は6月25日14時5分から 前田慶次の晩年を描いた木曜時代劇かぶき者慶次。 最終回も見応えが十二分にありました。 前田慶次を演じた藤竜也のかぶき者ぶりはさすがの一言でした。 他 …

    藤竜也主演『かぶき者 慶次』

    慶次の命運は!?かぶき者慶次最終回

    慶次、そして新九郎の命運は?かぶき者慶次最終回 前田慶次の晩年を描く、かぶき者慶次。 石田三成の遺児を実の子として育てることから起こる事件の数々を、戦国時代をかぶき生き抜いた前田慶次が解決していくドラ …

    大河ドラマ真田丸配役発表

    大河ドラマ【真田丸】の配役を【新選組!】から考察すると?

    大河ドラマ真田丸の配役はどうなる? 来年2016年の大河ドラマ【真田丸】の登場人物について前回、考察しました。 http://fantasy-dig.net/entertainment/346/ そこ …