なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

プロ野球

平沢大河観戦記【3月25日ファームヤクルト戦】

投稿日:

平沢大河、ヤクルト戦2打数無安打も

名将野村克也をして、60年に1人の逸材と評されたロッテのドライチ平沢大河。

ファームスタートとなったことから、あれこれネット上で、ささやかれていることもあり、これは自分の目で確かめるしかない!

ということで、3月25日、ロッテ浦和球場でのイースタン・リーグヤクルト戦を観戦してまりました。

結論を先に述べますと、野村克也氏の60年に1人の逸材に変わりなしと自分は見ました。

そのレポートをお送りします。

平沢大河、プロの投手の攻めに苦しむ

3月25日、もう春休みに入っている学生、生徒さんも多いからでしょうか、ロッテ浦和球場はほぼ満席。

イースタンの球場としては、もっとも便利とも思われる立地条件からでしょうか、多くのファンが詰めかけておりました。

打撃がもう一丁な状況のため、平沢大河は9番ショートでスタメン出場。

対するヤクルトは、新外国人のデイビーズが調整登板で先発。

第1打席は、2回2死、3-2からセンターフライ。

この打席は、デイビーズ自身が試している感じもあり、自分の直球の具合を試している感もありましたが、残念、差し込まれフライアウト。

差し込まれる現象については、伊東勤監督が、プロの球への対応に苦慮している点があることを指摘していました。

これはやむを得ないところで、プロとアマチュアの大きな違いが、球の伸び、おじぎするしないなどと表現しますが、打者の手元での球速が落ちないところにあります。

ここは経験を積んで克服するしかないでしょう。

第2打席は、4回2死ランナー1塁、ボールをよく見極めフォアボール。選球眼の良さが光りました。

ただ、気になったところは、打ち気満々がバッテリーに読み取られ、初球、変化球をあっさり空振りした点です。

上級のレベルになると、わざと空振りするということもありますが、明らかに狙っていて振らされていました。

この点も、相手に気配を感じ取られるのは、改善の余地ありでしょう。

そういう改善の余地の点はあるとはしても、野村克也絶賛のボールの見逃し方、選球眼は流石というか、60年に1人の逸材に偽りなしというレベルを感じました。

第3打席、ヤクルト投手は左の八木。6回2死2,3塁、3-2からファーストゴロ。

股関節が充実している八木投手の柔らかいと投球に対応しきれず、チャンスを生かし切れずでした。

右投げ左打ち打者の関門として、左投手が立ちはだかってきます。

この左投手をどう攻略するのか?

いい勉強になった打席だったのではないでしょうか。

第4打席、ヤクルト投手は育成中島。8回2死1塁、3-0から四球。

育成の中島投手が乱調だったため参考になる面は少なかったものの、打ちたい気持ちを抑えて四球を選ぶあたりは、チームプレイが徹底しておると感心しました。

結果として2打数無安打、2四球でした。

守備、走塁はまずまずの仕上がり

守備機会は併殺を含め、3度ありましたが、無難にゴロ処理とスローイングでした。

打球が死んだ当たりだったので、人工芝の千葉マリンで、一軍のえげつない速い打球への対応がどうか?という部分と、打者の足の速さに対応したスローイングができるかという点だけでしょうか。

守備は、1月の新人合同自主トレで見たときから、抜けていましたので、守備に磨きを掛けていけば、トップレベルのショートになるでしょう。

走塁は、8回、2塁から本塁へのベースランニングは、基本を抑えつつ速さもある素晴らしいモノでした。

走塁もコツを掴めば、盗塁も相当やれるだけの力を秘めているでしょう。

まとめ

打撃では苦戦する面もあるも、まだ3月です!
一般の会社なら、入社式も終わっていません。

平沢大河のプロ野球人生は始まったばかり。

壁にぶち当たるのは誰でもあること。

プロに入って簡単に成功すると、舐めるクセがつき、それが停滞を生み、気づけば通用しなくなる、または能力を生かし切れずに終わった選手は多数います。

そうならないためにも、入団して壁に当たったことは良しとすべきでしょう。

世界のホームラン王:王貞治も1年目は27打席ノーヒットということもありましたし、三振王とも揶揄されていました。

そういった先輩の事例を踏まえれば、いまの苦しみは将来の礎でしょう。

また、礼儀もしっかりしており、好青年ぶりも好感が持てました。

その気持ちがあれば、将来は明るいでしょう。

どうやったら打てるようになるのか?

自分を高めつつ、球界を代表するスラッガーの道を、平沢大河には歩んでもらいたいものです。

今後も折を見てリポートしてきます。

最後に。

一応、観戦に行った証拠写真を。

すみません、混んでいてネット越しですが、平沢大河の守備位置にて。

平沢大河、3月25日ロッテ浦和球場

やはり、一眼レフを持参しないとかなぁ・・・

fantasy-01

スポンサーリンク



fantasy-01

スポンサーリンク



-プロ野球
-,

執筆者:

関連記事

成田翔ドラフト会議で指名なるか

成田翔(秋田商業)のドラフト指名はあるのか!

成田翔(秋田商業)ドラフト指名なるか プロ野球ドラフト会議が木曜日10月22日に迫ってきました。 プロ志望届を提出した高校生、大学生、そして指名を待つ社会人、独立リーグの選手は、希望と不安がよぎる毎日 …

新井貴浩、愚直に2000本安打達成

新井貴浩、常識を覆し2000本安打達成

カープ新井貴浩、史上47人目の2000本安打達成 平成28年4月26日、神宮球場で行われた東京ヤクルト対広島東洋カープ3回戦で、カープ新井貴浩が、プロ18年目にして、2000本安打を達成しました。 史 …

畠山和洋FA残留

畠山和洋FA宣言なし?残留か?

畠山和洋のFA宣言なしの残留の一報 ヤクルトの4番であり、2015年のセ・リーグの打点王である畠山和洋。 国内FA権取得、FA宣言をするのでは? という噂がありました。 ところが、本日の日刊スポーツ紙 …

巨人岡本和真4番計画

岡本和真は二軍で開幕スタートへ

岡本和真、二軍スタート 巨人の将来を背負って立つ逸材岡本和真の二軍スタートが決定し、イースタン・リーグのゲームに参加しております。 オープン戦の打撃成績が、打率.164 本塁打0 打点3という結果では …

巨人岡本和真4番計画

岡本和真、プエルトリコで奮闘中

岡本和真、来季に向け鋭意挑戦中 シーズンが終わり、のんびりゴルフにバラエティ番組出演というのは、昔の話。 ゴルフは懇親でやる機会もあるでしょうが、プロ野球選手の大半がシーズンが終了しても、トレーニング …