なるほど!そうでしたか! 読んで知って納得!

雑学ばっちり!勉強さっぱりの伊藤ちゃんがお送りする、それだよ、それ!なブログ

プロ野球

成田翔、巨人にプロの洗礼を浴びる

投稿日:

成田翔、イースタン巨人戦に先発

秋田商業から千葉ロッテにドラフト3位の成田翔。

6月18日にプロ初登板を5回無失点と上々の発進をしました。

その成田投手のピッチングを、7月6日本拠地ロッテ浦和球場で行われた巨人戦で観戦しました。

リポートします。

成田翔、制球に苦しみ2被弾

成田翔投手のウォーミングアップです。

成田翔、ウォーミングアップ

ブルペンは、自分の席からは、捕手と小谷二軍投手コーチ含めスタッフの見守っておりました。

フォームは見ていませんが、ボールがばらつき、小谷二軍投手コーチも渋い顔。

こりゃ、正直、制球に苦労する展開になるのでは?と思った通りになってしまいました。

初回、2番吉川にストライクを取りに行ったボールをレフトスタンドへ持って行かれました。

2回は、1死2,3塁でバッテリーエラーで1失点。

3回は、6番育成の坂口に吉川同様に、ストライクを取りに行ったボールをレフトスタンドへホームラン。

この回で降板となりました。

なお、試合は延長11回ロッテのサヨナラ勝ちとなり、成田翔に負けはつきませんでした。

成田翔の成長した点は?

新人合同自主トレーニング以来の姿でしたが、良い意味でプロの体つきになってきていると感心しました。

他方、東北出身ということもあり、一昨日、昨日の猛暑で、夏バテが生じていたのかもしれません。

なんらかの要因が作用し、秋田商業時代のような自在なコントロールは影を潜め、ストライクを取るのに腐心していました。

それが今日の投球のすべてでした。

ですので、今日の登板の結果を持って、今後を占うことは危険というものでしょう。

問題としては、制球が命の投手なので、力技で抑えることは、ほぼ不可能。

つまりは、大谷翔平、ダルビッシュ、田中将大のように、力勝負でねじ伏せるという路線ではないということです。

秋田商業の大先輩ヤクルト石川雅規、巨人杉内俊哉のようなお手本にして、成田翔のピッチングを構築していくしかないでしょう。

そこは、育成名人の小谷二軍投手コーチがしっかり的確な指導をするはずです。

しっかり自分のものとできるか?
に掛かっていると言えます。

まとめ

ちょっと甘くなると、簡単にホームランされてしまうという教訓を得ただけでも、今日は良かったのではないでしょうか。

どの投手も負けることはあります。

そのなかから、何を得られるのか?

得たものが多く、そして活用できる投手が、1軍のマウンドに立ち続けられるのでしょう。

成田翔、願わくば、ピンチに4-6-3、6-4-3のダブルプレーで切り抜けられる大エースとなることを期待します。

成田翔、これから、これから!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

fantasy-01

スポンサーリンク



fantasy-01

スポンサーリンク



-プロ野球
-,

関連記事

男気黒田博樹ヤクルト戦神宮球場で先発か!

黒田博樹 ヤクルト戦敗戦の中に見える、その凄さとは?

5/1ヤクルト戦、黒田博樹敗戦にあるものとは? 5月1日、神宮球場ヤクルト戦に黒田博樹が先発。 結果は6回5失点で敗戦投手に。 黒田博樹が5/1ヤクルト戦神宮球場で先発か!その黒田の投球の凄さとは? …

巨人岡本和真4番計画

岡本和真、巨人4番サード計画

岡本和真【4番サード】計画進行中 今シーズン、ルーキーイヤーにホームラン1号を放つなど、片鱗をみせた巨人ルーキー岡本和真。 その岡本和真に、新監督高橋由伸から「力をつけてレギュラー争いを」という期待の …

巨人岡本和真4番計画

岡本和真、秋季宮崎キャンプイン

岡本和真は来季一軍を勝ち取れるか? 今シーズン、優勝を逃し原辰徳監督が辞任し、高橋由伸新監督体制となった巨人。 ルーキーイヤーにホームランを放つなど、未来の巨人を背負って立つ存在として注目される岡本和 …

巨人岡本和真4番計画

岡本和真は二軍で開幕スタートへ

岡本和真、二軍スタート 巨人の将来を背負って立つ逸材岡本和真の二軍スタートが決定し、イースタン・リーグのゲームに参加しております。 オープン戦の打撃成績が、打率.164 本塁打0 打点3という結果では …

畠山和洋FA残留

畠山和洋FA宣言なし?残留か?

畠山和洋のFA宣言なしの残留の一報 ヤクルトの4番であり、2015年のセ・リーグの打点王である畠山和洋。 国内FA権取得、FA宣言をするのでは? という噂がありました。 ところが、本日の日刊スポーツ紙 …